ダイハツ・コペンを120万円で売却しました。

以前、ダイハツ・コペン・アルティメットエディションを、カーチスに120万円で売却しました。
コペンはセカンドカーとして新車で購入し、気に入って乗っていたのですが、購入から半年程経った時、ちょっと困惑する事態が起きました。

 

それは、数件先のご近所さんが、よりによって同じ仕様、同じ色のコペンを購入したのです。
元々人が乗っている車が嫌で、町でそれ程見掛けないコペンを選んだのですが、さすがに色まで同じ物を買われてしまったので嫌な気分になり、手放す事にしました。

 

売却先を探すに当たり、少しでも高く買い取って欲しいと思い、インターネット上の一括査定サイトを利用しました。
すると、翌日に数社から次々と携帯電話に連絡が入り、勤務時間中に電話が掛かって来る事もあったので、対応が大変でした。

 

まず、最初に連絡が来たカーチスが一番積極的で、当日の夕方にも査定の為に訪問したいというので、早速依頼しました。
そして、査定員が到着し、査定をして貰った結果、最初に提示された金額は110万円でした。

 

走行距離は3,000km程に過ぎず、外観もバンパーに小さな傷がある以外は綺麗でしたし、オプションのカーナビなども取り付けていたので、いささか不満な査定額でした。
何しろ、半年前に総額200万円以上で購入した車なので、せめて130万円くらいで買い取って欲しいと思っていました。

 

その為、もう少し査定をアップして欲しいと希望したところ、担当者は携帯電話で本社とやり取りを始めました。
そして、最終的に提示された金額が120万円でした。

 

まだ不満な金額でしたが、担当者曰く、コペンは在庫が余っているので、これ以上の査定額は出せないとの事でした。
更に、今ならこの金額で買い取れるが、明日になったら下がる可能性があるので、今すぐ当社に売却して欲しいとプッシュして来ました。

 

まだ数社から査定を依頼している状況だったので、迷いましたが、何度も査定を受けるのも面倒になり、結局そのまま120万円で売却しました。
その後の手続きや振り込みなどはスムーズでしたが、中古車の買取価格は厳しいものだと痛感しました。