車を売る時は傷を直したほうが良いですか?

車の傷は修理に出して査定に出したほうが良いですか?

車を運転中、ちょっとした不注意で壁に車をこすらせてしまったり、駐車する時に間違えてぶつけてしまった・・・なんてことがきっかけで、車に傷を付けてしまうこともあります。
車を売る時には、このように傷が付いていると査定額に響いてしまうと言うことから、車についている傷を直してから査定に出したほうが良いと思っている人もいるでしょう。
ですが、車についている傷はそのままにして売ったほうが結果的にプラスになります。

 

車の傷を直さないほうがプラスになる理由

高値で売るためには、やはり傷がほとんどないようなキレイな状態のほうが高い価値が付きやすくなります。
とはいえ、それを修理に出してまで直したほうが良いのかと言うと、答えはNOなのです。
車の傷を直すとなると、修理に出して本格的に直さなければならないため、修理代としていくらか支払わなければなりません。
ですが、ここで出した修理代は買取価格を超えることはほとんどありません。
つまり、買い取り価格がUPする金額よりも、修理にかかる費用のほうが高くなるということなので、修理に出してまで直す必要がないということなのです。
また、次に乗る人のことを考えると、修理に出しておきたいと思っている人もいるかもしれませんが、その心配はありません。
車を買い取った業者は車を売れるようにするために、修理したり整備することで、より良い状態で車を売ってくれます。
そのため、こちらがわざわざ修理に出さなくても問題ありません。

 

但し、自分でもちょっとした工夫で直せそうなくらいほとんど目立たないような傷でしたら、直しておいたほうがプラスになることもあります。
例えば、少しかすった程度の傷だと、ホームセンターなどに販売しているコンパウンドを使うと、傷跡が目立たなくなります。
それから、少し塗装がはげているような傷であれば、エアースプレーやタッチペンなどを使うと、見た目にはわからないくらい見えにくくなります。
このように、ちょっとしたお金があれば目立たなくなるくらいの傷だと、直しておいたほうが結果的にプラスになります。
但し、これは低い予算でできますし、自分で修理するから良いのであって、業者に依頼してまで直すとなると損をしてしまうリスクのほうが高くなりますので、自分で修理できる範囲だけで行いましょう。
ちなみに、小さな傷が細かい場合には、雨が降っていて見えにくくなっている状態で査定に出すというテクニックもあります。
もし、傷が多いのでしたら、このテクニックもうまく活用してみてください。