高く売るための交渉術ってあるんですか?

交渉で買取価格をUPすることはできますか?

一度査定をしてもらい、どれくらいの金額で売れるのか結果を知っても、その金額に納得がいかなかった場合は、もっと高値で買ってもらいたいですよね。
そんな時に役立つのが交渉です。
とはいえ、買取業者もプロの人ですから、色々なお客様と交渉をしてきた経験があります。
そんな人に対して、何も知識がなく交渉をしかけたとしても、大きく買取価格をUPさせることは難しいと言えます。

 

高く売るための交渉のコツ

 

1)他の業者と買取価格を比較する
買取業者は自分のところで買取りたいという気持ちで査定に来ています。
そのため、他の業者と料金を比較することで、より高値で買い取ってもらうこともできます。
比較した金額を証明するためには、予めどこの業者だといくらで買い取ってくれるのか、具体的な業者名と金額をメモした物を用意しましょう。
ウソで○○だと○○万円で買い取ってくれると言っていたと言っても、バレたときにその買取業者から信頼されなくなってしまうことがあります。
交渉する時は、本当にあったことだけを話し、高値を付けてもらった証拠を残しておきましょう。
ちなみに、いくつもの買取業者に査定してもらう時間がなければ、一括査定サイトで相場を知っておくだけでも十分交渉の役に立ちます。

 

2)下取り価格も参考にする
これは1と似ている部分もありますが、下取り価格も参考にして、どれくらいで下取りしてもらえるのか調べておきましょう。
下取りをする場合だと、こちらが売る予定のある車の状態だけでなく、購入する予定の車などによってその金額が決まります。
そのため、下取り金額のほうが高くなることもあります。
もし、この交渉で下取り金額を上回らないのでしたら、そのまま下取りしてもらえばいいですし、上回る場合は買取してもらえばいいので、損することはありません。

 

3)すぐに決めない
買取業者の中にはお客様にすぐ決めてもらうために、今決めたら査定の価格に+○○万円にするというように交渉してくる場合があります。
こう言われてしまうと、すぐにでも買い取りを決めてしまう人もいるかもしれませんが、他の買取業者に査定してもらうと+した査定額よりも高くなることがあります。
すぐに決めるのではなく、じっくり吟味した上で高く買い取ってもらえる業者に売りましょう。
また、時間を置いて改めて交渉することで、更に高値を付けてもらえることもあります。

 

交渉というと、抵抗を感じてしまう人もいるかもしれませんが、どれか一つでも良いのでぜひ参考にしてみてください。
結果的に10万円近くUPしたというケースもありますので、必ず交渉してみましょう。