車を売ったら戻ってくるお金があるって本当ですか?

車を売ると還付金を受け取れる?

車を売る際にどうしても「いくらで売れるのか?」と言う部分に気持ちが集中してしまいますが、車を売却すると一部還付金を受け取れるものがあります。
大手の買取業者なら心配ないと思いますが、業者の中には還付金も含めた買取価格を提示してくることもあってその線引きが曖昧になっているケースもあると想定しておきましょう。
査定してもらった際には、還付金と買取価格の内訳を把握しておきましょう。

 

戻ってくるお金

1)自動車税
自動車税は毎年納めていたと思いますが、この自動車税は売却時に月単位で計算されて還付されます。
どうしてかというと、自動車税は年単位で納めているからです。4月〜翌年3月までの1年分を支払っていますので、何月に車を手放したかで還付される金額は異なります。自動車税は一応、国から還付されるという仕組みではありますが、実際には買取業者が期間を計算して買取価格の中に含めていることがほとんどです。
自動車税の還付については、買取業者側からの説明があるのが普通ですが、もしも何も話がなかったら必ず問い合わせておきましょう。
お金に関することは、取引が成立する前に明らかにしておかないとトラブルに発展するリスクもありますので注意してください。
※自動車税の還付はあなたが個人的に知人に譲った…とか、オークションを利用するという経緯では行われません。
※還付されるのは自動車税であって軽自動車は対象ではありません。
2)リサイクル料金
リサイクル料金は、車を購入する際に先に支払っていてリサイクル券を発行してもらっているかと思います。リサイクル料金は車が廃車になった場合の費用であり、前払いするのが法律で定められているのです。
ですが、リサイクル料金は【廃車時の所有者】が支払うものですので、車を売るということは次の使用者がいるということですから、リサイクル料金は戻ってきます。リサイクル券がないと返金してもらえないので、車検証などと一緒に保管して紛失しないよう注意してください。
※万が一紛失してしまった場合は、券の再発行はできませんが、【自動車リサイクルシステム】をネットから検索して、【自動車リサイクル料金の預託状況】を印刷しておくことで代用できます。必要な情報の入力については車検証があれば問題ありません。

 

車関連の税金で【自動車重量税】とうものがあります。これは車検が1カ月以上残っており、廃車にする場合に還付されるものですから、車を売る場合には該当しませんので覚えておきましょう。