車の買い取りと下取りは何が違うんですか?

ちょっとした専門用語を覚えよう

車は誰にでも身近な物ですが、車を売るとなるとやっぱり分からないことも多いです。その中でも基本中の基本である【下取り】と【買い取り】の違いを答えることができますか?
専門用語というか、車の売却を考えているのなら必ず区別できるようになっておきましょう。下取りと買い取りの違いやそれぞれの特徴を詳しく紹介します。

 

それぞれの特徴を見てみよう

1)下取りとは
これまで使用していた愛車を、新車購入時にそのディーラーに引き取られます。この時の買い取り価格を新車の購入代金から差し引くことを【下取り】と言います。
・メリット
これまで使用してきた車の処分と新車の購入を同じ販売店でできるので手間がかからないという点です。
後は中古車の買取専門業者が買い取ってくれないような年式が古いとか走行距離がかなりある車でも下取りしてもらえる可能性は高いです。
・デメリット
デメリットは買取業者との比較になるのですが、買取価格が低くなってしまう可能性が高いです。
2)買い取りとは
中古車を専門に扱っている業者に買い取ってもらうことを【買い取り】と言います。
・メリット
買取業者に依頼する一番のメリットは、愛車を高く買い取ってもらえることに期待できるという点です。
下取りしてもらうよりも買取業者のほうが高く買い取ってもらえることはよくある話です。
・デメリット
新車の購入時に旧車を手放すという場合は、2か所で諸手続きをしなくてはいけないので面倒臭さはあると思います。

 

最終的にどっちが得する?

下取りと買い取り、基本的にお勧めしたいのは買い取りのほうです。
その理由は、買い取り価格に大きな差が出るということが一番にあるから。車の状態によっては数十万円の差が開いてしまうことも珍しくはないのです。
車の販売店というのは、車の査定基準はマニュアル化されているようです。対して買取業者のほうはどんな車が人気があるのか、求められていたのかという市場のニーズが査定基準に大きく反映されます。
あなたの愛車が人気の車種であれば、多少年式が古くても、買取業者は高く買い取ってくれる可能性があります。
但し、買取業者よりもディーラーに下取りしてもらったほうが高く買い取ってもらえるケースも存在します。
それは、年式が古く走行距離もかなり走っている車をお持ちの人は参考にしてほしい情報なのですが、中古車市場が大きく動く、決算時期やボーナス時期に実施する下取り一律キャンペーンがあります。
これは、どんなに古い車でも一定の価格で下取りするという内容で、この場合は買取業者よりも高い値段をつけてくれるかもしれません。
状況に応じて、下取りと買い取り、どちらが得するかは異なりますので特に古い車を売りたいという人は両方に査定依頼することがお勧めです。