車を売る時に車内の臭いはどれくらい影響しますか?

車を売る時は車内の臭いも気にしたほうが良いですか?

普段車の中でタバコを吸っている、頻繁にペットを乗せて車を運転しているなどの理由によって、第三者が車に乗るとその匂いが気になる場合、普段から消臭するように心がけることをお勧めします。
というのも、車を売る時は車内の臭いも大きく評価されるからです。
これは、冒頭でも話したように、タバコやペットの臭いによってくさくなっている場合は、臭いを取り除いて無臭の状態にしておく必要があります。

 

臭いを取り除くためのコツ

1)エアコンを掃除する
エアコン部分は車内の空気を吸って、冷たい空気や暖かい空気を出しています。
そのため、エアコン部分には車の内部の空気の影響を直接受けていることも多くあるのです。
久しぶりにエアコンを使ってみると、我慢しがたい臭いが出てきたという経験はありませんか。
これは、第三者にとっても耐えがたい臭いになり、買い取り価格を下げてしまう要因になります。
エアコンを掃除するためにはカーショップへ行き、エアコンクリーニング用のスプレーを使ってキレイに掃除しましょう。
掃除した後は、一度臭いがなくなったか確認してみて、ほとんど臭いが出てこないようになればOKです。

 

2)マットやシートを掃除する
マットやシートは人の汗や食べ物のカス、飲み物がこぼれて付着した臭いなど、様々な臭いの発生源になります。
特に、直接人と接している部分でもありますので、臭いだけでなく見た目の汚れなども一緒に落しておくと買い取り価格もUPするでしょう。
掃除の仕方としては、まず重曹をマットとシートにかけて、約1週間ほどそのままにしておきます。
そして、掃除機を使って吸い取り、ぞうきんで水拭きを繰り返していると、キレイな状態に整えることができます。
最後に無臭の消臭剤などを使って臭いを消せば、ほとんど臭いは目立たなくなるでしょう。

 

3)天井も掃除する
天井部分は気にしている人は少ないのですが、実は意外に臭いが染み付いている場所でもあります。
特に、タバコを吸っている人であれば、タバコの煙が天井部分に染み込んで、臭いの元になりやすいです。
天井部分の臭いを取る場合は、中性やアルカリ性洗剤などを使ってキレイに落としましょう。
これらの洗剤を使えば、臭いだけでなく汚れもキレイに落ちます。

 

このように、臭いと汚れを取り除けば、買い取り価格も上がりやすくなります。
ちなみに、ペットやタバコの嫌な臭いだけでなく、芳香剤の香りも取り除くようにすることをお勧めします。

 

芳香剤でも価値が下がる理由

芳香剤と言うと、本人からするとすごく良い香りに感じるかもしれませんが、全ての人が心地良く感じるわけではありません。
人によっては不快に感じてしまったり、ずっと嗅いでいると頭が痛くなるような香りと言うこともあります。
そのため、車を売る時の理想的な状態としては無臭が一番良いのです。