ローンが残っている車でも売れますか?

ローンが残っていても車は売れますか?

ローンが残っている状態と言うのは、車の所有権はローン会社にあります。
そのため、車を売って新しい車を購入したいと考えても、ローンを全て払って所有権を自分に移すまで車を売れないのではないかと心配している人もいるでしょう。
ですが、ローンが残っている状態でも車を売ることはできます。

 

ローンが残っていても車が売れる理由

ローンが残っていると、上記でも説明したように車の所有権はローン会社にあります。
ですが、車を査定に出した時、残っているローンの金額を買い取り価格が上回っている場合は、車を売却してローンの返済に充て、上回っている分を受け取ることができます。
もちろん、売る前にはローン会社に連絡をして、車を売りたい旨を説明して、許可をもらわなければなりません。
ただ、ここで気になるのは残っているローンの金額を買い取り価格が下回っている時ですよね。
この場合は、基本的に残っているローンを全て返済して、所有権を自分に移してからでないと売ることはできません。
勝手に売ろうとしても買取業者に必ず所有権を確認されますので、その時に通らなくて、契約を完了させることができないのです。
そうなると、どうしても車を売りたいと考えている人で、ローンを一括で返済できないような場合は、売ることはできないのでしょうか。

 

ローンが残っていても売る方法

1)差額を現金で用意する
ローンの残高に足りていない分の金額を現金で用意すれば、ローンが多く残っていても売ることができます。
例えば、残っているローンが30万円で、車の買い取り金額が20万円であれば、10万円用意すればOKです。
残っているローンを一括で支払うよりもかなり楽になりますし、これだと車を売れるというケースもあります。
ただ、この方法を利用する際には、現金で用意しなければなりませんので、すぐにお金が用意できないと言う人にとっては厳しいかもしれません。

 

2)ローンを上乗せする
すぐにでも現金を用意できないと言う人は、次に買う予定の車のローンにローンを上乗せすると言う方法もあります。
例えば、次に購入する車が100万円で、車を売った後に10万円残ってしまう場合、110万円のローンとして新しく組むこともできます。
但し、この方法は必ず成功するわけではありません。
ローン会社によっても規定が決まっており、上乗せできる金額が決まっていたり、上乗せができないというローン会社もあります。
上乗せをする前には、ローンを上乗せしても良いのか確認して、車を売る手続きを進めていきましょう。

 

ローンが残っていても車を売れますが、絶対に売りたいと言うように、何らかの理由がなければ無理に売らないほうが良いでしょう。
また、新しく車を買う時は再度ローンが増えるリスクもあります。
それを考慮した上で車を売るかどうかを判断してください。