車を売る時の仕組みを教えてください

車を売る時はどんな仕組みになって価値が決まっているのですか?

お客様にとっては、車を査定で見てもらって、どれくらいの価値があるのか確認して、売る契約をするまでが分かっています。
ですが、大切に乗ってきた愛車は売られた後どのような仕組みで、他のところで販売されるのか気になったことがあると思います。
ここでは、買取業者に売った車はどうなるのかということについて説明しています。

 

車を売る時の仕組み

1)車を売る
まず車を買取業者に売るところから始まります。
これは、どこの業者でも同じです。
2)オークションに出品する
次に、お客様に売ってもらった車をオークションに出品します。
オークションは一般の人も参加できるようなものではなく、業者同士が売買するような仕組みになっているオークションで、そこで再度価値を付けられます。
買取業者はここでお客様から買い取った時の金額を上回る金額で売れなければ、プラス収支にはならないので、買い取りの時は安く買おうとしているのです。
3)販売店が購入する
オークションに参加していた中古車販売店が、自分の店舗で販売するためにオークションで落札します。
状態がキレイで人気のある車種、人気のある色、新しい年式などの車が高値で売れやすくなります。
言いかえれば、上記の条件に当てはまる車ほど買取業者に高く買い取ってもらえるという訳です。
ちなみに、オークションに参加している業者は国内の業者だけではなく、海外の業者も参入していることもあります。
日本国内ではあまり価値がなさそうな車だとしても、海外では高く売れるような車だと、海外の業者に高くで落札されるケースもあります。
車を売る時には、念のため海外でどれくらい需要があるのか調べておくと、交渉をする時有利になります。
4)整備する
落札した業者は、その後一度車を整備します。

何もしないまま売ってしまうと、車がすぐに故障してトラブルの原因になってしまうからです。
また、車検が切れている場合も、ここで一度車検に通して販売という形になります。
5)店頭で販売する
整備された車は、中古車屋で店頭販売されます。
道を走っていると、中古車がズラッと並んでいるお店を見たことがあると思います。
あなたが売った車もその中に並びます。

 

車を売った後は、このような仕組みで再度他のお店で売られています。
業者の中には、買い取ってそのままお店で販売していることもありますが、一般的には上記のような流れになっています。