所有者が亡くなった車を売ることはできますか?

所有者が亡くなっても車は売れますか?

急に重い病気にかかってしまい、亡くなってしまった、仕事中などに事故などで急死してしまったなど、車の所有者が亡くなった時は車を売ることができるのでしょうか。
車はその人の財産でもあり、基本的には所有している本人でないと売ることはできません。
ですが、車の所有者が亡くなった場合、ある条件を満たしていれば本人でなくても売ることはできます。

 

車の所有者が亡くなっても売れる理由

車の所有者が亡くなった場合、その車は財産として扱われているため、親族などに相続する対象になります。
財産として存続することができれば、その車は存続した人が所有者と言うことになりますので、売ることができるようになるのです。
とはいえ、何もしなくても存続する訳ではありませんので、その手続きに必要な書類を紹介しましょう。

 

車の名義手続きに必要な書類

車を売るためには、まずその所有権を亡くなった人から相続する人に移さなければなりません。
その時に必要になる書類は以下の通りです。
・車検証
車検証にもその車の所有者や住所などが記載されていますので、一緒に持っていて名義変更を行わなければなりません。
・自賠責保険
自賠責保険も車検証と同様の理由によって、手続きの時には持って行く必要があります。
・当年度自動車税納税証明書
当年度自動車税納税証明書は、その年に自動車税を支払ったという証明をするために必要な書類で、ここでも名義変更をするために必要になります。
・戸籍謄本
戸籍謄本は家族構成を確認するための書類で、亡くなった人が本当に相続された人の身内だったのかなどを証明するために必要になります。
・除籍謄本
除籍謄本とは、元々所有していた人が亡くなったことを証明するために必要な書類です。
この書類がなければ、亡くなったということを証明できなくなりますので、手続きができなくなる場合があります。
・住民票
住民票は家族全員が記載されている物を用意してください。
・印鑑証明書

亡くなった人の印鑑証明書と相続された人の印鑑証明書をそれぞれ2枚ずつ用意してください。
・譲渡書
譲渡書とはその車を譲り受けたことを証明する書類になりますので、必ず用意していきましょう。

 

亡くなった人の車を売る場合には、このように様々な書類が必要になります。
ただ、気を付けて欲しいのは、必要となる書類は買取業者によっても異なると言うことです。
一度査定を受けてみる前に、どのような書類が必要になるのか確認し、用意してから査定してもらううとスムーズに手続きができるでしょう。