車を売る時にはどんな手続きをすれば良いですか?

車を売る時は書類が必要になりますか?

古本を売る時やゲームソフトを売る時と違って、車を売る時は大きなお金が動きますし、車自体の所有者を変更しなければならないなど、様々な書類が必要になります。
必要となる書類を用意していないと車を売れなくなりますので、絶対に用意しておかなければなりません。

 

車を売る時に必要となる書類

車を売る時に必要になる書類は、車種や状態によっても多少異なりますが、ここでは軽自動車と普通自動車の手続きの仕方について紹介したいと思います。
1)普通自動車を売る時に必要になる書類
・自動車検査証
一般的に車検証と呼ばれている物です。
車検証に記載されている住所や氏名を確認して、当たっているのか確認した上で車検証を用意しましょう。
・印鑑登録証明書
印鑑登録証明書は発行してから1ヶ月以内の物を2通用意しておいてください。
・自賠責保険証明書
自賠責保険に加入しているという証明書になります。
・自動車納税証明書
自動車納税証明書は自動車税を納税しているという証明書です。
・実印
印鑑証明書に登録している印鑑を持って来てください。
・振込口座のわかる物
車を売った時にはその場でお金を手渡しすると言うよりも、後日指定の口座に入金すると言う業者が多いので、振込先が分かる物を用意してください。
通帳や振込口座がメモされている紙のどちらかを持って行きましょう。

・リサイクル券
リサイクル券がある場合は、忘れずに持って行ってください。
業者にもよりますがリサイクル券がないのであれば、作ってまで持って行く必要はありません。

 

譲渡証明書や委任状は業者が店舗で作成してくれることもありますので、事前に確認しておきましょう。
もし、用意してくれないのであれば、これらの書類が必要になるのかを必ず聞いておいてください。

 

2)軽自動車を売る時に必要になる書類
・自動車検査証
軽自動車も同じように自動車検査証を用意する必要があります。
・軽自動車納税証明書
軽自動車納税証明書は、普通自動車でいう自動車納税証明書です。
これも必要になる書類なので、忘れずに準備しておいてください。
・自賠責保険証明書
自賠責保険証明書も用意しなければならない書類です。
・印鑑
軽自動車の場合は、印鑑証明書に登録している印鑑ではなく、認印でもできる場合があります。
・振込口座の情報
軽自動車の時も振込先が分かる物を用意してください。
・リサイクル券
リサイクル券も普通自動車と同じように、必ず用意しておく必要があります。

 

軽自動車を売る時と普通自動車を売る時に必要になる書類は若干違っています。
また、業者によっても必要になる書類が違う場合がありますので、それを調べた上で書類用用意してください。