自動車税が未払いでも車を売れますか?

自動車税が未払いでも車を売れますか?

自動車税は車を所有している人が必ず支払わないといけないものです。
毎年4月1日に運輸支局で車が登録されていると、その所有者が払わないといけない義務があり、その義務を破ってしまうと車を差し押さえられてしまうこともあります。
とはいえ、自動車税を支払っていない状態でも車を売ることはできます。

 

自動車税を滞納している状態で車を売ったらどうなるか

自動車税を滞納している状態で車を売ると、売ったお金から自動車税の支払いに充てられます。
上記でも何度も言っていますが、自動車税は車を所有している人の義務です。
その義務を果たすために、車を売ることでできたお金は、そのまま自動車税の支払いに回されてしまい、そこで余った分のお金を受け取ることができます。
ただ、基本的には自動車税を滞納していると車を売ることはできません。
買取業者では、実際に買い取る前に自動車税納付書を提示しなければならため、納付所がなければ売買が成立しないため、車を売れないのです。
車を売れるとしたら、車を売りたいという人を信頼できることが前提となっているため、確実に売れると言う訳ではありません。
もし、絶対に売りたいと考えているのでしたら、滞納している分の自動車税を納税してから、車を査定してもらいましょう。