査定にかかる時間はどれくらいですか?

査定にかかる時間はどれくらいですか?

車を査定に出す前に、どれくらいの時間で査定をしてもらえるのかは非常に気になることだと思います。
査定した後に用事がある人、普段忙しくてできるだけ短時間で査定を済ませて欲しい人など、様々な理由によって、できるだけ早く査定を済ませて欲しいと考えているでしょう。

 

査定にかかる時間

査定にかかる時間は業者や担当している人にもよりますが、遅くても30分程度だと言われています。
もちろん、それよりも長くなることもありますし、かなり早く査定が終わることもあります。
30分と言うと、意外に短く感じると言う人もいるかもしれませんね。
あなたがどれだけ大切に乗ってきた愛車でも、たった30分でその価値を決められてしまうと思うと、もっと自分の車を正しく査定してもらいたいと考えるかもしれません。
実は、この30分と言うのが非常に大切な時間なので、高く売るためには、工夫をしなければなりません。

 

1)見た目をキレイにしておく
見た目の印象は非常に重要で、外見をキレイにしているだけでも大切に乗ってきたというアピールができます。
もちろん、見た目とは内装のことでもあり、シートや天井部分などもしっかり掃除をして、ほとんどごみや汚れがないくらいまで掃除をしていれば、買取価格もUPします。

 

2)事故歴は告知しておく
例えキレイに直していたとしても、事故歴があるだけでも査定額が下がりやすくなります。
そのため、人によっては査定額を下げないように、目立たないくらいのなら事故歴を隠してしまおうとする傾向にあります。
ですが、査定に来ている人もプロなので、事故歴を見抜く力も持っています。
事故歴を隠そうとしてバレてしまうと、他にも事故歴があるのではないかと疑われるきっかけになり、査定額が下がってしまう原因になります。
事故歴があるのなら、隠そうとせず自分から申告しましょう。

 

3)口頭でアピールする
車をどのように乗ってきたというのは、本人しかわからないことです。
例えば、あまり長時間運転しなかったとか、運転する時はアクセルを踏みすぎないように工夫したなど、愛車に乗る時にはどのような工夫をしたのか、具体的にアピールしましょう。
プロとは言え、どのような部分に気を付けて運転してきたという部分まではわかりませんので、自分なりにでも気を付けていたことなどは、積極的に説明してください。

 

30分という短い時間の中で、どれだけ良い印象を与えられるのかは、重要なポイントなので、ぜひ上記の3点は意識して行ってみてください。
そうすることで、より高い金額で売れるでしょう。