事故車も売ることができますか?

事故車でも価値がありますか?

他の車とぶつかってしまった、洪水になって水没してしまった、何回もぶつけて見た目がボロボロになってしまったなど、事故車にも様々な種類があります。
事故車の中には、自走できなくなることもあり、その価値はほとんどないように感じるかもしれません。
事故車の見た目だけを見ていると、確かに普通の車よりも価値が低く見えることもありますし、実際に査定に出してみると安くでしか売れないこともあります。
ですが、事故車にはまだまだ価値があります。

 

そもそも事故車って何ですか?

そもそも事故車と言っても、その定義はどうなのか答えられる人は少ないのではないでしょうか。
どこかに不具合のある車なのか、壁や車などにぶつかってしまったことがある車なのかなど、その境界線と言うのは分かりにくいです。
事故車と定義されているのは、ぶつけた時にある程度の衝撃があった場合を言います。
ある程度の衝撃があった場合は、事故を起こした時に車の内部に何らかの不具合を生み出してしまったり、大きなとなって直すのが難しくなっていることもあります。
また、衝撃による事故だけでなく、水の中に入ってしまった車なども事故車と言います。
では、本題である事故車にはどのような価値があるのか説明していきましょう。

 

事故車の価値とは

事故車の価値は基本的にパーツから価値を考えます。
車を再度直して他の人に販売すると言うよりも、使えるパーツを取り出して、それを他の車に再利用したほうが価値が高くなることもあります。
そのため、例え大きな事故を起こしてボロボロの状態になったとしても、使えるパーツが多くて、その性能が高いほど価値が高くなる傾向にあります。
また、ほとんどのパーツが使えなくなってしまうほどの事故車でも、買取業者によっては無料で引き取ってくれることがあります。
本来であれば、廃車にするためにお金がかかるので、無料で引き取ってくれるのでしたら、遠慮なく無料で引き取ってもらいましょう。
それから、水没車にも価値があります。
水没車というと、自走しなくなり、中のパーツがほとんど使えなくなっていることも多いため、廃車にするしかないと思っている人もいますが、そうではありません。
水没車の場合は車の外装に使える部分があるか見て、再度利用できそうだと判断されれば、ある程度の費用で買い取ってもらえる可能性があります。
このように、事故車を査定に出す時は1ヶ所で価値がないと言われたとしても、その他の買取業者では高く買い取ってもらえる可能性も秘めていますので、諦めずにいくつかの業者に査定に来てもらいましょう。